Universal Studio Florida
 

Next Page 1.2.3.4. >>>>

   

これがフロリダにあるユニバーサルスタジオだ。とにかくでかい。今ではまた新しいテーマパークもオープンして全部で3っつのパークが合体している状態になっている。今回は2002年の初めにオープンした新しいパークを紹介していきたいと思う。その名もアイランドオブアドベンチャー!そしてもうひとつ忘れずに紹介したいのが、シティーウォークというところ。ちょうど新しいパークともともとあるパークの中央に位置する場所にあるんだけど、ここには大きな映画館や、沢山のレストラン、ショッピング街がならんでいる、いわゆる夜の町的存在なのだ。これもちょっと見逃すわけにはいかないので順に紹介していこう。

シティーウォークには凄いアトラクションや、目お見張るショーなどはないが、ここでは色んな食べ物が楽しめる他、クラブやバンドの生演奏を聞くことが出来る。どのレストランにするか決めるだけでも結構たいへんかも。私は友達とじゃんけんしました。その結果、このあとしばらくして紹介するレストランに行くことになりました。私としてはどこのレストランも結構いけると思う。他にも遊び心たっぷりに仕上がっているこのパークはどちらかと言うと夜のほうがもっと盛り上がるかな。もちろん夜の写真も後で出てくるのでそちらもお楽しみに。

ここの写真で見てほしいのがパークの開いている時間帯。新しく出来たパークは9時まで開いている。またシティーウォークは夜中の2時まで。はっきり言って朝の9時から夜中の2時までここで遊んでいたらもう次の日は立てないでしょう…私も朝の早くから来て大体夜の11時頃にはくたばりました。日中アトラクションを乗りまわっていたら夜中にクラブとか行っている気力はちょっとなくなるんじゃないでしょうか。一緒に行ったタイ人は思いっきり疲れてました。しかし!ホテルの帰りに腹が減ったといってバーガーキングへ直行。その前にはなんと酒を買いまくってました。この後二人でちょっと飲んですぐに爆睡。

左はシティーウォークから見たユニバーサルスタジオの入り口。でっかい地球儀にユニバーサルの文字がはっきり見えます。夜にはライトアップされてこのページの一番最初に載せた写真のようになる。まだ日本のユニバーサルジャパンへ行った事がないが、おそらく同じモニュメントが見られることだろう。船の乗り場のような所もあったりして、乗ることはなかったがとにかく色々な建物や見所がいっぱいだったことは言うまでもない。


左の写真は夜のシティーウォークの写真。夜になるとまた昼間と雰囲気が変わって、楽しいショーなどがひっきりなしに行われる。ストリートのあちこちでは個人個人のパフォーマンスや歌、そのほか観客を交えての楽しい催し物が数多くある。

ここはボブマーりーのレストラン!前にも言ったが、世界中の食べ物が楽しめるということで、はっきり言ってレストランを選ぶ時は迷った。最後はじゃんけんで決めて、ここのレストランで食べることになった。見るからにエスニック風の食べ物が楽しめそうな場所だが、私の頼んだものは名前は忘れたが美味しかったことだけはしっかりと覚えている。レストランの中ではレゲエを生で楽しむことが出来る。なんと、一年に何度かは、ボブマーリーのライブもあるとか。これはレゲエファンには美味しすぎるレストランであることは間違いない。

ここでちょっとフロリダの天候について語ってみると、フロリダは一年中ほとんど暖かく雪など降ることはほとんどない、だがそれでも1月2月あたりはそれなりに涼しく、天候も快晴な時が多い。私としては、もしフロリダのディズニーワールドや、このユニバーサル等で楽しむならば、2月あたりの気候が一番いいのではないかと思う。なぜなら、8月あたりの暑い時期はもちろん海など手楽しむ時は最高だろうが、天候の変化がめちゃめちゃ多い。朝快晴だと思っていたら、昼頃からいきなり嵐になったりする。この日も朝晴れていたのに夕方から揺るになって突然大雨となった。フロリダの天候には気をつけよう。

ディズニーワールドなどでもある、ファーストパス。ここユニバーサルにも同じような仕組みが存在する。ここでエクスプレスというようなサインがあり、パスを持っているとそこから入ることが出来る。なかなか便利なものだがその分早めに取っておかないとすぐになくなってしまう。ここでは特にスパイダーマンのアトラクションが人気で、私たちもファーストパスをとろうとしたが一足遅かった。まず、このような大きなパークでは計画をたてて早めに行きたい場所のファーストパスをゲットしておくことをお勧めする。


遠くに見えるのは野球場のようにも見えるが、なんとハードロックカフェのレストランだ。とてつもなくでかい!いったい中はどうなっているのかとても気になったが、私達はボブマ-りーのレストランで決着がついたのであそこに行くことはなかった。おそらく中では生バンドが堪能できることだろう。それにしても見事なまでに整備されたこのシティーウォークとこれから紹介していく2002年にオープンしたばかりのアイランド・オブ・アドベンチャーはまさに遊びの宝庫といった感じ。やはり土地が有り余っている国はやることもでかい。


   

Next page 1.2.3.4. >>